必要な脂肪

脂肪というと太りそうとか健康に良くないというイメージがありますが、健康な体を維持していくためには、必要な脂肪もあります。 また、DHAやEPAのように取ったほうが健康に良い脂肪というものもあり、これらはオメガ3脂肪酸という仲間に属しています。 血液サラサラ効果やコレステロールと中性脂肪を減らす効果があり、脳の働きを活発にしてくれます。 厚生労働省でも1日に2g程度は摂取することを推奨されていて、食品やサプリメントを活用して摂取するのが良いでしょう。 主に青魚に含まれていますが、亜麻仁油やエゴマ油などの植物性の油、クルミなどのナッツ類からオメガ3脂肪酸を取ることができます。 不足分はサプリメントから補うようにして、健康な体を作っていきましょう。

オメガ3脂肪酸は食品から取るのが一般的です。 主に青魚に含まれていますが、魚の種類によって含有量が違っています。 マグロの脂身やサバ、イワシなどい多く含まれていて、サケやカツオだとこれらの半分程度の量になってしまします。 また、生の刺身で食べるのが理想的で、オメガ3脂肪酸は酸化しやすいので、加熱調理してしまうと2割から5割程度は減少してしまいます。 また、亜麻仁油やエゴマ油などから取る場合も、加熱しない状態で料理に生かすのが良いでしょう。 ティースプーン1杯程度が適量となるため、ドレッシングや料理の風味付けにかけたりして、上手く食事に取り入れていきましょう。 また、手軽なサプリメントなら効率的に必要量を摂取することができます。